読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オブジェクト指向について

オブジェクト指向とは、プログラミングにオブジェクトの概念を持ち込んだ考え方。

  • プログラミングの世界では当たり前の技術
  • 質の高いコードを書ける
  • 活用方法を学べば言語にとらわれない能力が身につく

 

 オブジェクト指向プログラミングのメリット

  • 人間の思考の構造に近い
  • 拡張がしやすい
  • 汎用的なコードの再利用がしやすい

 

クラス、プロパティ、メソッド

オブジェクト指向の世界では一般的に「クラス」「プロパティ」「メソッド」を用いてオブジェクトを定義する。

 

クラス

オブジェクトの型であり定義。

JavaScript(プロトタイプ)のようにクラスがないオブジェクト指向もある。

 

プロパティ

クラスに定義された変数で、オブジェクトの持つデータ。

 

メソッド

クラスに定義された関数で、オブジェクトの処理を決める。

 

インスタンス

クラスを元に実体化されたオブジェクトがインスタンス(オブジェクトと同義)。

クラスからオブジェクトを作ることをインスタンス化という。