読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ループ処理

while文

条件式が真なら{ }内の処理を繰り返します。

書式

 while( 条件式 ) {

 繰り返す処理

}

条件式:if文と同様に真(true)・偽(false)で表せる値や式

繰り返す処理の中に条件式が偽になる処理を必ず入れます。そうしないと無限ループになってしまいます。

使用例

<script>
var i = 1;
while(i<=100) {
  i++;    //i=i+1と同じ
  document.write(i+'<br>');  //1から100までの数字を表示します
}
</script>

 

インクリメント演算子

前置 変数++ 変数の値をプラス1する

後置 ++変数 変数の値をプラス1する

使用例

var i = 1;

var j = 0; var k = 0;

j= i++;  // j は 1

k=++i;  // k は 2

 

デクリメント演算子

前置 変数--  変数の値をマイナス1する

後置 --変数  変数の値をマイナス1する

for文

while文と同様に繰り返しの処理を行うときに使用します。

for文には繰り返しの条件判定に使うカウンタが用意されています。

書式

for( var 変数 = 初期値; 繰り返し条件; 「繰り返す処理」後の処理 ) {

 繰り返す処理

}

使用例

<script>

for( var i = 1; i<=100; i++ ) {
  document.write(i+'<br>');  //1から100までの数字を表示します
}
</script>

i++ のあとには セミコロン(;) は付けません。

i++ はdocumento.write()のあとに実行されます。