読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Illustratorでロゴ作成

アピアランス機能とブラシを使ってロゴを作る

 

新規ドキュメントの準備

  1. カラーモードをCMYKにする
  2. 環境設定ー>単位ー>線をポイントにする

ロゴにする文字を入力

  1. 文字の入力
  2. アウトラインを作成
  3. グループ解除
  4. 文字の変形

説明

メニュー「書式」ー>「アウトラインを作成」により、テキストオブジェクトからパスオブジェクトへ変換します。

アウトラインの作成後はグループ化されているので、グループを解除して個々の文字を自由に変形させます。

f:id:develog:20160820094402p:plain

ブラシタイプの抽出

  1. ブラシライブラリー>アート->アートペイントブラシ
  2. ドライブブラシ9を選択
  3. 同様にクイックブラシ1を選択
  4. ブラシライブラリー>アート->アートインク
  5. 銀河を選択
  6. 同様に飛散1を選択

f:id:develog:20160820095324p:plain

 

文字にアートブラシを使う

  1. 1文字を選択する
  2. アピアランスの塗りで色をつける
  3. アピアランスの線で色をつけて線幅を決める
  4. ブラシのドライブラシ9を使う
  5. アピアランスに線を追加
  6. 追加した線に色をつけて線幅を決める
  7. ドライブラシ9を使う
  8. 5-6を繰り返す
  9. ブラシのクイックブラシ1を使う
  10. 5-6を繰り返す
  11. ブラシの銀河を使う

f:id:develog:20160821151832p:plain

 

f:id:develog:20160821151903p:plain

 

f:id:develog:20160821151923p:plain

 

f:id:develog:20160821151945p:plain

 

f:id:develog:20160821151958p:plain

 

他の文字に設定をコピーする

  1. グラフィックスタイルパレットにアピアランスで設定したスタイル情報をコピー
  2. 他の文字全てを選択して"1"設定したスタイルを反映させる

 

f:id:develog:20160821152144p:plain

 

インクがハネたような状態をつくる

  1. ペンツールで短めのパスを描く
  2. 塗りを透明、線に最初の文字の色をつける
  3. ブラシの「飛沫」を使って個々の文字にインクハネの効果をつける

f:id:develog:20160821152344p:plain

オブジェクトの再配色

  1. インクハネを含めて1文字を選択
  2. オブジェクトの再配色を開いて編集を選択
  3. オブジェクトの再配色のハーモーニーカラーをリンクにする
  4. 選択した文字の色を見ながら任意の色にする
  5. 他の文字も同様に色を変える

 

f:id:develog:20160821152358p:plain

 

 

完成ロゴ

f:id:develog:20160821152412p:plain